エピソード1〈ガールスカウト〉出演者たち

ジュン:佐々木純

ジュン:佐々木純(ささきじゅん)
 役/「PitT」のリーダー?ギタリスト
 オーディションで選定されたが、本名がジュンだったのは偶然の一致。撮影打合わせ後のとある深夜、駐車場のマンホールに落ち、ろっ骨骨折(実話)。だがアクシデントにもめげず熱演。ホントはギターも歌も、うまいんです。アーティスト・ネームは『ジュンジュン』。盛岡大通のアコギタ・ストリートライブで活躍。自主制作CDも発売中!ホームページもチェックしてね。ところでマンホールの蓋は何故、開いていたのだろう?
〈オーディション・スナップを見る〉
 
 

トシキ:鹿糠明広

トシキ:鹿糠明弘(かぬかあひきろ)
 役/「PitT」のベーシスト。クールで寡黙な2枚目。
クチコミでこの映画の企画を知り、役者として参加。盛岡のインディーズ・バンド「GREEN YOUTH」のベーシストとして活躍中。劇中曲「flutter」、「smile」レコーディングでも、その実力を発揮。だが、その仕事は堅実なサラリーマンだったりする。

 

ヤマ:奈良大樹

ヤマ:奈良大樹(ならひろき)
 役/「PitT」のドラマー。酒好き、年齢不詳。
盛岡インディーズ・シーンでは2つのバンドで活躍中。
「Bow Down」ではギター、「Bite the Bullet」ではドラム担当。音はワイルドでノイジーでハードコアです。会う度に帽子が違う洒落者。脇役だが、キャラが立ってるので出番が増えた。
 

 

ユミ:石曽根綾乃

ユミ:石曽根彩乃(いしそねあやの)
 役/「PitT」の元ヴォーカル。メジャーデビュー夢見て上京。
難航したユミ役だが、オーディション最後のエントリーで抜擢。演技は自然体。ヴォーカルはキスミント系(クールでさわやかって事か?)。音楽活動は「ゴージャス」(昨年解散)ヴォーカルを経て、現在は新バンド準備中。

 

アヤ:石川恵

アヤ:石川 恵(いしかわめぐみ)
 役/「PitT」の新ヴォーカル候補?
02年8月の劇団ゼミナール・プロデュース公演「彩度0(ゼロ)」でその才能を見い出され、以後、劇団ゼミナールに参加。自主映画はアラカワケンスケ・プロデュース「戸ノ岡物語」1話「となりの真ん中」にも出演。他称アイドル系。
 

 

ムツミ:中條菜穂

ムツミ:中條菜穂(なかじょうなほ)
 役/「PitT」の新ヴォーカル候補?
02年8月の劇団ゼミナール・プロデュース公演「彩度0(ゼロ)」でその才能を見い出され、以後、劇団ゼミナールに参加。他称フェロモン系。2話「Cafe Break」にも重要な役?で出演。

 

レイコ:高橋敦子

レイコ:高橋敦子(たかはしあつこ)
 役/「PitT」の新ヴォーカル候補?
02年8月の劇団ゼミナール・プロデュース公演「彩度0(ゼロ)」に参加。そのオーディションを見学していたPと、自分も出ていた監督丸山(ゼミナールでは役者である)のオファーで参加。他称アンニュイ系。(アンニュイって死語?)

 

 

・この他、エキストラとして盛岡市民が多数参加しています・

〈topページを表示〉