制作日誌2003

12月8日(月) 上映会無事終了

 エピソード4の編集がアップしたのが、上映会当日の朝8:00。他の団体の上映会もそうですが、何でこう、いつもギリギリになっちゃうんでしょうかね。反省しなくちゃ。
というわけで制作日誌も書く余裕がなくて、ひさしぶりの書き込みです。
 昨日の上映会は、3回とも満席、立ち見も出る盛況で、スタッフ一同感謝感激!おこしいただいた皆様、本当にありがとうございました!「動員目標300人!」と言い続けてましたが、「311人」できっちりクリア。まんべんなく3回とも満席になり、うれしい限りです。
 音声トラブルもあり、「音」については音量も含めて反省多々です。自宅編集システムで追い込んでも、やはり大会場の大スピーカーで聴くと「あちゃ〜」という所が多く、すいませんでした。
 アンケートの回収率が高く、約半数の方からご回答をいただきました。スタッフ一同で昨夜の打ち上げ時に回覧しましたが、その9割方が「好評」のお言葉で、これまでの苦労が報われた感があります。みなさま、本当にありがとうございました!

11月21日(金) ほっとナイト肴町に出店

 盛岡肴町アーケードの月末イベント「金曜ほっとナイト」にデスクを1つ借りてPR出店を出してみる。予告編を上映しながら、チラシを配付、あわよくば前売券も買っていただこうと思ったのだが、小雨のせいか、人通りが少なすぎる!今夜はチラシを50枚ほどまいて終わりです。
 その後、劇団風紀委員会さんのアトリエにチラシ折り込みのお願いにあがる。風紀さんは明日から「焼肉王」公演です。見にいきてえ〜・・・けど、編集上げてから、ということで。明日は我慢。
 エピソード4は70%ほど進みました。が、すでに15分超えてんだよなあ。トータル15分の予定でしたが、この分では20分いきそうです。さて、どのシーンを削るか・・・。

11月18日(火) チラシ配置とプレス対応

 14日金曜に刷り上がったチラシを手分けしてあちこちに配り、プレイガイド、映画館、撮影協力店、カフェ、学校系にほぼ配置完了。2,000枚があっと言う間になくなりましたね。あとは芝居やライブのイベント会場、23日のクリカフェでも配付します。
 昨日には、新聞社/テレビ局各社にプレスリリースを配付。さっそく、新聞1社、テレビ1局から取材の申込みが。きばってPRしてきます。
 4話編集の方は、1週間の作業で6割ほどちながりました。自分で言うのもなんですが、かなりおもろいです!編集しながら、笑っています。1分に1回、笑い所あり。お楽しみに。

11月10日(日) トップをニリューアル

 トップページを新しくしました。ただ今印刷中のチラシもこのデザイン・バリエーションです。ほんとならもう刷り上がってなきゃならないのですが、ま〜いろいろありまして、今度の週末配付になりそう。各プレイガイドとロケ協力店(カフェ、カラオケ、バー、音楽スタジオ)に置く予定なのでぜひお持ち帰りを。さてさて、ここ2週間ほど、チケットや予告編やチラシデータ作成で4話編集がストップ。やばい・・・明日からカンズメ状態で編集急ぎます。

10月31日(金) チケット販売準備完了

 プレイガイド4カ所に前売券納品完了。いよいよ明日から販売開始です。いったい何枚売れるのでょうね?関係者だけで100人以上いるので、とりあえず招待客だけで、けっこうな人数になりますが、やはり、制作には何も関係ない「一般のお客さま」を何人呼び込めるかが勝負です。
 キャパは100人ほどなので、3回上映で300人が目標。80分、盛り沢山の内容で500円は安いと思います。絶対、損はさせません!みなさま、ぜひ前売券を!
 夜、写真撮影は「青木楽器」さんのご協力でスムーズに完了。24件目の撮影協力です。(※23件目の「盛岡タクシー」さんのカウント忘れていました。すいません!)

10月30日(木) 写真撮影/ナツミ、ノースリーブで・・・

 宣伝用の写真撮影を岩手大学近辺で行う。映像撮りの時に、撮っときゃよかったのに、今頃何で?と誰しも思うのだが、そんな余裕なかったのよね、ロケ時は。カメラマンはプロのM氏。で、役者は夏服=ノースリーブ!・・・去年の今頃も、1話本編の夏のシーン撮ってたなあ。
  今日取った写真は、」これから製作するフライヤ(チラシ)に使います。チケットは明後日から発売(印刷終了)ですが、チラシの方は間に合いません。すんません!(当面はコピー刷りのインフォペーパー置きます。インクジェット刷りのミニポスタも貼ります。)
 いや〜人手不足というか、俺がやりたかったからというか、プロデューサ自らデザインするので遅れてしまった。明日の夜も宣材用の写真撮影です。撮影はこれでホントに終わり・・のはずだが。

10月28日(火) 自宅スタジオ、印刷工場と化す

 ここ1週間は前売チケット発売に向けての宣材作りに追われる。予告編ビデオの修正とダビング、プレス向け資料の作成、人物プロフィールと写真資料作成、プレイガイド用ポスターと撮影協力店用POPの作成、明日からはチケットの印刷・・・。自宅スタジオの2台のプリンタはフル稼動状態で、終止、何かを印刷してます。ほとんど印刷工場だなあ。その合間をぬって、地元マスコミ関係にPR開始。タウン誌2誌、フリーペーパー3紙にアプローチ中です。掲載は11月下旬になる予定。

10月26日(日) 第1回スタッフ・ミーティング

 初回のミーティングをモダンタイムス大通店で開催。とりあえず4人のコンパクトな集まりとなる。議題は「上映までのスケジュール」「チケット販売システム」「宣伝方法」「作業の仕分け」など。けっこう膨大な作業が待っている。現在、動けるのが5人だが、倍の10人は欲しい。新規参加者、切実に募集中です!

10月20日(月) ラヂオもりおか出演

 先日、撮影でもご協力いただいた「ラヂオもりおか」の番組「ROUNGE VOICE」にゲスト出演。月曜日のパーソナリティ・大柏さんからのお誘いで、1話の監督・丸山安曇、主演の佐々木純と私・プロデューサ高村の3人が参加。10分枠をけっこうオーバーして、映画のPRトークをさせていただきました。劇中では「歌えない」役だった「じゅんじゅん」こと佐々木純のCDをBGMでかけていただき、感謝。締めでは1話テーマ曲の「Flutter」までかけていただきました。映画でも冒頭、カーラジオから聞こえて来るのがこの曲です。
 上映までにまた、別のスタッフを連れて番組にお邪魔させていただくかもしれません。今回は、うっかりしてて事前告知を忘れてしまいました。次回はホームページで告知しますので、夕方、お時間のある方は、ぜひ、お聞きください。

10月19日(日) ミステリー映画祭2日目

 ミステリー映画祭オフシアター作品を6本、見る。グランプリノミネート3作はさすがにレベルが高い。「ZERO」「美女缶」はコンパクトだが完成度の高い作品。キャスティング/映像/編集/音声とも無駄がなくて、参考になります。何よりアイデアとコンセプトがいいですよね。「…フロンティア。」は力作だが、編集や音声に一考の余地あり。全編、パワーで押しまくる感じが、「1本調子」になってしまっている。もう少し緩急(メリハリ)をつけると、見やすくなるかな。上映後の審査員お二人の講評がとても良かった。厳しくも的確な意見にうなづくこと多し。
 ノミネート外だが「ブルーヘッド・モンスター・フロム・プラネット66」も面白かった。ストーリーにもうひと工夫あれば、ノミネートかな〜といった所。オープニングのタイトルんとこはかっこいいんだけどね。タランティーノ「パルプフィクション」が透けて見えるとこが減点材料だったかも。

「…フロンティア」監督滝本さんにはBBS書き込みが縁でごあいさつする。すげ〜背が高い「役者キャラ」の方でした。盛岡にもああいう役者、欲しいとこですね。
 グランプリ「美女缶」という結果は納得。あの「怪しい隣人」は「Little Morioka Story」の「ピンクシャツの男」とかぶるキャラだなあ。ピンク男の方がオシャレだけど。

10月18日(土) 予告編が完成/ミステリー映画祭開幕

 岩手県立大学学園祭ケーブルTV用の予告編がようやく完成。結局、3日かかってしましした。ミステリー映画祭オフシアター会場で配付するフライヤを作っていたので、予定オーバー。でも、なんとか受付てもらえそう。1〜4話で6分の長さになり、PR用として機会があればどこでも上映してもらうつもりだ。地元テレビ局でも流してくんないかしら。
 さて、昼は息抜きにミステリー映画祭オフシアターを見に行く。「ミリコと宇宙人」が良かった。絵もキレイで、話の運びもセンスよし。「卵黄のきみ」もかわいい作品。「ポキゲム」は微妙かな。あの話で85分は長過ぎると思う。「メメント」にヒントを得たようにも感じられる構成だが、話が冗長になってしまった。あちこち話をとばさないで舞台を「樹海」に凝縮して、限定空間での話にした方が良かったんじゃないかな〜。以上寸評。

10月15日(水) ついにオール・クランクアップ

 夜、菜園近辺の交差点で「Cafe Brak」追加シーンを撮影。1時間ほどで順調に終了。これで昨年7/7に始まった「Little Morioka Story」撮影はすべて終了。ホントのクランクアップだ!その後、ノートをチェックしてみたら、のべ46日間の撮影でした。期間の割には少ないような気もしますが、1日撮影があるとロケハン・小道具・スケジュール調整・機材準備と後かたずけなどで1〜2日はかかるし、天気NGも多かったんので撮影がらみで100日以上は費やしています。いや〜長かった。さて、これからがたいへんです。宣伝、上映準備、編集と、また忙しい日々が続きそうです。

10月14日(火) 映画祭いろいろ

 ホームページでの報告が遅れてしまったが、「Cafe Break」ミステリー映画祭応募の結果は残念ながら予選通過ならず、お披露目は12/7の自力上映会までお預けとなりました。正直、がっくり来ましたが、レベルの高い作品が集まるゆえ、やむなしです。負け惜しみかもしれませんが、4話構成で作った1話のみでの評価は厳しいかも。もちろん4編とも独立したストーリーなのですが、通して見ると、登場人物の事がよくわかるという作りになってるので。
 さて、そのミステリー映画祭はいよいよ今週末、盛岡映画館通で開幕。全国レベルのインディーズ映画が集まる「角川オフシアター」会場はロケでもお世話になった「プラザおでって」です。ここでしか見れない自主の傑作、見にいきましょう!
 そして、来年1/25に開催される「盛岡自主制作映画祭MOVIN'3」(第3回)には、エピソード1〜3の3作品で応募します。こちらも予選ありですが、良い結果を期待しましょう。

10月13日(月) 「Final Play」キャプチャ終了

 4話のキャプチャ作業がようやく終了。テープ7本と音楽素材が2曲で合計51.5GBになった。多分時間にして180分強?。15分の話にしては、すごいボリューム。毎日こつこつ作業しても1週間かかってしまった。ライブシーンを3カメ+時に4カメで回しているので、1分強の歌パートが28テイク分の素材がある。どこをどうつなぐか、素材だけ見ても選びようがないので、とりあえず全部取り込んだ。いや〜、歌のとこは3バージョン位は作れそうですな〜。
 さて明日からは本編編集をちょっと休憩して、12/7上映要項のまとめと第1時宣材の作成に入る。岩手県立大学園祭のケーブルテレビで「予告編」を流してもらう予定、そちらの編集も進めねば。あと2ヶ月ないんで、もろもろ、「巻き」で行かないとあかんね。プロデューサ付「秘書」が欲しい。

10月11日(土) 「Final Play」キャプチャ進行中

 4話のキャプチャ(撮影素材パソコン取込み)作業はようやく5本目完了。現時点で容量は30GBになった。テープはあと2本あるので予想通り50GB行きそう。果たして予定時間15分に収まるんかいな?・・・涙を飲んで、削らなきゃならんね。2日かけて撮影した「鮭」は没。いや〜、インパクトはあるんだけどね、仮でつないでみたら、そこだけ「浮いて」しまうわな、やっぱ。ははは、2日ロスしたかも。
 ところで謎の未確認飛行生物「スカイフィッシュ」が、撮影素材の1ショットに写っていてビックリ。気になって調べてみたら、結局、「虫」がレンズ前を
素早く飛んでっただけ?らしい。ビデオのコマ数だと、その飛行スピードにおっつかなくて、「棒状の生物」っぽく写ってしまうとか。う〜ん、謎の新生物じゃなくて、ちょいと残念ではある。解説は以下を参照されたし
http://homepage1.nifty.com/kasatosi/column119.html

10月9日(木) サウンドハンティング2

 午前中は中津川に遡上して来た「鮭」を撮影しに某ポイントへ。1時間ねばるが、なかなか思った通りの絵が撮れない。明日はもうちょい早起きして、仕切り直そう。本編中に使うかどうか微妙ですが、もし使った場合は出演者に「中津川の鮭」とクレジットしてあげよう。
 午後はあちこちでアフレコ用の音録り。サンダルの足音、風にざわめく木々。町中の鳥たち。走り過ぎる自転車。通行人のおしゃべり。歩行者の足音をガンマイクと
ポータブルMDで収録。通行人には変な目で見られるけど、この作業は楽しい。狙い通りの音を拾うまで時間はかかるが、「一人」作業なので、スケジュール調整の苦労がいらない。お天気も関係ないしね。夜はキャプチャの続きです。

10月8日(水) littlemorioka.com始動!

 4話編集はキャプチャ作業2日目。7本中2本分のキャプチャを終えた時点でHD容量は16GBを超えた。このペースだと50〜60GB行きそうだな〜。「カメラ回し過ぎです、カントク!」・・って、俺が監督だけど。確かに素材が多すぎる。でも使える素材は多いにこした事はないやね。
 さて、先日お伝えしたオリジナルドメインの件ですが、設定やらデータ移行が思ったより簡単だったので、本日、「www.littlemorioka.com」の開設完了!当面、旧URLと2本立てで運用しますが、「お気に入り」に登録している方は、新アドレスへの変更、よろしくお願いします。

10月5日(日) サウンド・ハンティング

 今日もいい天気。なので効果音用の川の音、街のノイズを録りに出る。今日はMDウォークマンに2本のマイクだけの軽装備。 天気は良かったんだけど、風がけっこう強くて時間がかかりました。中津川には例年のように「鮭」がのぼって来ています。上の橋〜富士見橋からその姿が見られます。今度、「鮭」の映像を撮りにこようかな。川の中なので、わかりにくいのですが。
 街の音は、岩手公園の高台のあちこちで録りましたが、根元だけ残って中が空洞になっている木がありまして、そこにマイク突っ込んで録音した奴が、一番、いい感じです。乾いた木が余計なノイズを吸収して?マイルドな音に聞こえます。

10月4日(土) 「Final Play」クランクアップ!

 天気はGOOD。予定通り、とある場所で第4話最後の撮影。予定より1時間押したが、ムービー、役者スチールとも無事撮影終了。これで第4話もクランクアップだ。残るは延期となった1シーン、第2話「Cafe Break」の追加撮影シーンのみ。夜、1時間あれば終わるのだが、役者3人のスケジュール調整がうまくいかず、10月中旬に持ち越しになりそうだ。う〜ん、早く撮り終えたい!
 明日からは、
地道に4話編集作業がスタート。撮影素材だけで6時間以上あるが、これを15分以内に編集せねば。けっこう骨の折れる作業です。

10月3日(金) オリジナルドメインを取得

 作品上映に向けた今後のサイト運営のため、ホームページ用の独自ドメイン「littlemorioka.com」を取得。ここ数日は、その手続きをしていました。現在使っているプロバイダのサーバでは、個人の独自ドメインでの運用ができないため、ローコストのレンタルサーバ(ホスティング・サービス)利用を検討中。実際の運用はもうちょっと先になりそうです。ページデザインはできるけど、プログラミングは苦手な私。CGI書ける専門スタッフが欲しいな。誰かいませんか?
 ところで昨日夜の撮影は役者の都合で中止に。クランクアップは来週以降に持ち越しです。明日も1シーン、撮影があります。明日は何ごともなく、撮影を終えられますように・・・。

9月27日(土) 編集用ハードディスクを増設

 岩渕監督の2話、丸山監督の1話とも、編集半ばでハードディスクがクラッシュ。テープからの映像取込みから全てやり直さなければならず、時間と労力を大きく消耗・・作業スケジュールが大幅に狂った、その苦い経験から、バックアップは必要だな〜という事で、データバックアップ用のHD、120GBを2台増設。これまで使っていた外付け80GBをデータ持ち運び用、200GBを私・高村のメイン編集用に振り分ける。PowerMac内臓の60GBは、2話編集データですでに満杯。編集済みデータは増設した計240GBのHDにバックアップコピーを取る事に。とりあえず、これで安心して編集作業を続けられます。それにしても安くなったね、ハードディスク。内臓用120GBが¥11,400。5年前は4.5GBが4万円位、3年前でも60GBが3万円台後半でした。今や1GBあたり100円!

9月24日(水) club changeロケ2/ライブハウスロケ終了

 お天気はなんとか持ちました。(明日からまた雨です)今夜はclub changeでの2回目のロケ。前回で撮れなかった表のシーンと中の撮りこぼし、合わせて23ショットを撮影。2時間と言っておきながら3時間半もかかってしまいました!文句も言わずに、ご協力いただいたclub changeさんに感謝します。今夜は大道具「タクシー」で苦労しました。タクシーが近づいて来て、停まって、役者が降りて、ドアが閉まって走り去る、という単純なシーンなのに1時間。信号のタイミングとか、他の車の動きとか、通行人(酔っぱらい)でNGとか、なかなか思い通りにはいかんもんです。
 ともあれ、手間のかかるロケはこれで終了。あと2ケ所/2シーンでいよいよクランクアップとなります。来週の木曜と土曜も、晴れてくれるといいなあ。

9月23日(火) 岩手公園ロケ終了

 絵に書いたようなきれいな空。浮かぶ雲もいい感じ。で、公園ベンチロケも快調に終了。このシーンには「カップル」が出て来るのですが、誰が出演かはまだ伏せておきます。映画を見てのお楽しみという事で。ただし、12/7公開バージョンには入らないかもしれません。来年公開のリミックス・バージョンで入れ込む予定です。明日は夜の撮影だが、雨さえ降らなきゃお天気は関係なし。だが、2時間で20ショット押さえなければならないので、かなりのハイペースでいかないと。気合い入れていきます!

9月22日(月) ラヂオもりおかロケ終了

 日中は岩手公園ロケハンで「ベンチ」のオーディション。園内のベンチをすべて見て、「ここ一番」のベンチを決定!撮影は明日です。その後、レコード店「JAZZY SPORT」を再ロケハン。ここは来週末に追加シーンを撮影予定。
 夜は「ラヂオもりおか」さんのスタジオを2時間、お借りしてDJ/SAKIのトークシーンを撮影。事前ロケハンできっちりコンテを組み立てていたおかげで15分押しで完了。仕事の後のビールがうまい!今日でSAKI役の村木さん、FM局スタッフ役の上村君はクランクアップ。う〜ん、ここに来て作業は順調。一時の停滞が嘘のようだ。この調子で明日、明後日もこなしていきたいもんだ。

9月21日(日) 補足シーンロケハン

 補足シーンのロケハンで北上川べり、マリオス(盛岡一高いビル)をロケハン。自分の演出シーンは全カットを事前にキッチリ、コンテにおこして撮影にのぞむ。それでも現場で変わってきますが、これやっとかないと、無駄な時間かかるし、私の場合、あれもこれも撮りたくなって、終わらなくなるからです。だからロケハンはしつこい程、時間かける。
 いけると思ったのだが、今日見た場所はどうも違う。頭の中で映像組み立ててみて「何かがしっくりこない」。ここだ!って時は、フォーカスがピタリと合った感じになるのだが。で、明日の日中に別の場所をロケハン予定。雨みたいですが、これはやっとかないとね。
※実はロケハンと小道具さがし(無ければ作る!)が大好きなんです。本番撮影や編集より好きかも。監督より助監督向きか?俺。

9月18日(木) 1シーン消化/あと4シーン

 今夜は町中で移動しながらの撮影。役者一人、監督・撮影が私・高村一人のコンパクトだが、ある意味、楽な作業。編集するとせいぜい10数秒になるが、7ショット分で2時間半ほどかかる。テープは40分も回った。降らなくて良かった。最近の盛岡は週1日しか青空を拝めない。梅雨のような天気が続いている。さて、次の外ロケ24日は晴れてくれるか?
 「Final Play」 クランプアップまであと4シーン、2晩である。2話の補足シーンが一つ残っているが。それと来年、リミックス編集時に必要なシーンも。(・・が、季節がもう冬に向かっているので、間に合うか?冬の到来は早そう。来年の夏もちょこちょこ追加で撮ってたりして)

9月16日(火) あれから1年

 去年の9/15日には、喫茶店「ふかくさ」の近くで故・大原志津香さんのシーンを撮ってたんだなと、ふと思い出して、「ふかくさ」へ。たった1年なのに、「ふかくさ」の内装は新しくなり、中津川の川原には遊歩道が整備され、草の丈も川の水量も違っている。人も変わり、街も日々、表情を変えていく。変わらないのは映画の中に切り取られた時間/あの時の空気。川の流れをぼんやり眺めながら、 しみじみしてしまいました。
 その後、ロケハンで「ラヂオもりおか」へ。来週には、DJ/
SAKIのトークシーンの撮影です。

9月14日(日) 1〜3話/関係者試写会

 1話ロケでもご協力いただいた「ラセンカフェ」にて、スタッフ、キャストを集めての試写会を開催。33名が顔を揃える。プロジェクターを使った大画面での上映、大きな会場での音響テストも兼ねての試写だ。3話ともギリギリまで編集を続けてのお披露目となった。全体の長さ、音の状態はまだ「完成」の域に達していない。得に「音」は難しいと感じた。自宅では、パソコン接続とオーディオスピーカーの2つで聞き比べして、音量や音楽レベルを調整しているが、これでOKと思っても、大きな音で聞くと、バランスや聞こえ方が全然違う。テレビ用とホール用で調整を変える必要があるかも。高村担当の2話は、9割方完成といった所。10月に入ったら4話目の編集が待っている。まだ撮り残しがあり、2ヶ月で編集アップは、かなり厳しいスケジュールだが、頑張ります!
 当初の3話公開を4話まとめて公開に変更したのは、悩んだ末の決断。「マトリックス」じゃないけれど、続きはまた半年後というのは、お客さんに不親切だという声あり。3話までの試写を見て改めて納得。全部まとめて見ないと、フラストレーションが残る。
  アルバム版の構想を捨てたわけではないが、インターバルを長めに取っての公開を考えている。12/7の公開を終えてから、スケジュールをリセットします。ややっこしくてすいません。

9月11日(木) 2シーン撮了/あと5シーンでクランクアップ

 「Finl Play」の2シーンを撮影。場所は「富士見橋」とレコード店『JAZZY SPORT』。平日の午後なので、エキストラが集まらず、強引にも『JAZZY SPORT』のスタッフ3名に役を割り振り、出演していただく。おかげさまで、5時間で30ショットの撮影が無事終了。曇天で時折、小雨にたたられましたが、まあ、大丈夫っしょ。・・・・と家に帰ってチェック再生してみたら、レンズに水滴が2〜3ついてて、使えないとこが数カット。ファインダーじゃ、小さすぎて気づかなかったなあ。後処理で消せない事もないけど、時間ムチャクチャかかるので、やりたくね〜!
 さて、残るは3カ所/3日/5シーン!きついけど頑張ります。

9月10日(水) 雨で撮影延期/あと7シーンでクランクアップ

 「Finl Play」の2シーン撮影でスタンバイしていたが、雨で延期に。ちゃんと数えてみたら、撮り残しがあと7シーンある。うち1シーンは「Cafe Break」の追加シーン。(とりあえずアップしたが、5〜6カット、追加したいのだ)すべてコンテに描きおこしてみたが65カットもあるじゃないすか!
ひえ〜っ、でかいシーン終わったんで後は楽勝!のつもりでしたが、そうでもないね〜。
実質4日あれば終わるんですが・・・問題はお天気だ。撮影ない日は晴れたりするのですが。
 編集の方は、今日、劇中のFM局サウンドロゴが上がって来た。おお、かっこえ〜!!!
作ってくれたのは、「Cafe Break」BGM担当の葛西さんです。サンキュ!プロフィール遅れててすいません。近日中には・・。

9月9日(火) DJトーク録音

 とあるスタジオで、劇中、ラジオの女性DJ/SAKIのトークを録音。 SAKI役は村木香織さん。フリーランスで活躍するプロのナレーターさん。ラジオDJももちろん経験あり。う〜ん、さすがプロやね、という感じで録音はスムーズに終了。あとはラジオから聞こえて来るっぽい、エフェクトをかけてアレンジするだけ。村木さんのプロフィールは近日公開予定。

9月5日(金) ミステリー映画祭にエントリー

 今週は「Cafe Break」の仕上げ編集で家にこもる。月曜日に上がってきた音楽(葛西さんのBG用10曲ほど/MasanorIさんのエンディング曲)を入れ込んで、タイミング調整とミキシング作業。セリフのあるパートは、比率が難しい。スピーカーによっても、再生時のヴォリューム・レベルによっても聞いた感じが変わってしまう。なんとか追い込んでみたが、さらなる調整が必要だ。
 締切ギリギリまでねばって、「みちのく国際ミステリー映画祭/角川オフシアター・コンペティション」に応募出品する。ミステリーの範疇に入れるのは、ちと苦しいが、とりあえずのチャレンジ。家から映画祭事務局までは、チャリで3分。直接搬入できるので、地元組は助かる。全国から毎年70〜100本ほどの作品応募があり、上映されるのは8〜10本、確率1割ほどだ。レベルの高い作品が多く、ハードルは高い。さて、クリアなるか?

8月29日(金) ライブハウス・ロケ無事終了!

 昨日の「Club Change」ロケは、雨にもかかわらず、キャスト・スタッフ・エキストラ総勢で約40名に集まっていただき、無事撮影終了!エキストラは仕事の都合などでキャンセルの方も多く、やべ〜と思ってましたが、当日、急遽かけつけてくれた方もけっこういて、想定通りに撮影を終える事ができました。皆さんのご協力に感謝!
 演奏シーンはカメラ3台で10テイク以上回してるので、編集で「どこを生かして、どこを切るか」悩みそうです。贅沢な悩みですけどね。

8月24日(日) 撮影準備で大忙し

 28日決戦に向けて日々、エキストラ勧誘と撮影準備。コンテは全カットを描き起こし、役者とスタッフに配付。その数は200コマを超えました。カット数で100位を1日で撮る!ためにカメラアングルや役者の動きまで指定。2カメで割っても50カットずつ!がんばるぞ!
 肝心のエキストラは関係者を入れても、まだ30人弱といった所。せめてあと10人は欲しい!今からでも十二分に間に合いますので、みなさん、ぜひご参加ください。見てるだけでいいんで。

8月8日(金) エキストラ募集PR中2

 今日は美容院のRIZM、大通リリオ、ブランカフェ、プラザおでって(敬称略)に配付。南部興業系の映画館5館(ピカデリー、名劇1・2、ルミエール1・2)にも置いていただける事になりました。盛岡フィルムコミッションにもお話しを聞いていただきました。エキストラ登録されている方に連絡可能なようです。リアクションはまだこれから、といった所。

8月7日(木) エキストラ募集PR中

 今週はエキストラ募集の告知チラシ、ミニポスター作りとその配付、関係者への連絡とあっちこっちのBBS書き込みで一週間が終わりそう。ポスターはフォーラム、DiskNote、Studio Jive、青木楽器、東山堂肴町店、盛岡劇場、players cafe、dai、faces。グラム、モダンタイムス大通店、ふかくさ(敬称略)に設置済み。9日夜は1・4話ヤマ役/奈良さんのバンドのライブがある「club change」でチラシ配付する予定。参加申込者もぽつぽつ出ててきましたが、まだまだ50人には足りません。まとめて10人位で来てくれると助かるんですけど、そういうグループ、いませんか?

8月3日(日) ホームページをようやくリニューアル

 昨年秋以来、更新の止まっていたホームページをようやくリニューアル。ちょっとサボりすぎましたね。すいません。今後は、マメに情報公開していきますので、よろしく。

7月28日(月) Club Changeにて打合わせ

 打合わせでひさびさに行ったライブハウス「Club Change」だが、場内のライトが2つ、増えていてコーナーライト持ち込みの必要が無くなった。助かります。楽屋もチェックするが、壁面の鏡が割れて無くなっていた。おお、カメラマン映り込みも心配しなくて、いいのか。これも助かる。あとは人集めだなあ。

7月27日(日) 「smile」ヴォーカル・レコーディング

 オケのみが完成していた「smile」のヴォーカル録りを決行。場所は、カラオケBOX。ロケでもご協力いただいた「カラオケゆー坊」の一室。着々と準備は進んでます。

7月20日(日) ついにクライマックス撮影日決定!

 スタッフ、役者たち(10人位)のスケジュール、撮影場所の問題などで、遅れていた「Final Play」ライブハウスのシーン撮影が8月28日(木)に決定!
 場所は八幡町のクラブ・チェンジ。観客エキストラ50名ほどが必要だが、頑張って集めなきゃね。この件の詳細は「エキストラ募集ページ」を御覧ください。

7月13日(日) 「戸ノ岡物語」再上映を見る

 もう一つの「街映画」、アラカワケンスケ・プロデュース「戸ノ岡物語」の2度目の上映会がリリオで開催され、見に行く。前回は、正直な所、「未完成品」を見せられたという不満が残ったが、半年の時間をかけて編集を追い込んだだけあって、前回より、かなり好印象。
 こちらはまだ、一般公開の目処が立たない状態で悔しい。最終話の撮影もまだ残っている。遅れた分、いい作品に仕上げなければ、というプレッシャーも日々、強くなっている。がんばろう!

7月9日(水) 「Cafe Break」音楽発注

 エンディングのギター曲は、過去、岩渕作品で音楽を担当してくれていたMasanorIさんにお願いしたが、「Cafe Break」では、その他に10曲ほどのBGMが必要。クラブDJっぽいセンスが欲しいのでその線でスタッフを捜していたが、ようやく見つかり、手配が完了。(主役・小松さんの紹介)
  曲の上がりは8月中旬。順調に行けば「Cafe Break」は8月末完成、となるはず。

7月8日(火) 「Cafe Break」追加撮影

 編集してみて、2〜3足りないカットがあったため、この後に及んで「Cafe Break」追加撮影を行う。場所は肴町の喫茶店「モダンタイムス」。ターンテーブルで回るアナログレコードのアップと壁際に飾ってある写真フレームの2点だけだが、1時間強、かかる。
  これで2話はカンペキ!といいたい所だが、もう少しあるんだよね。追撮したいとこ。こちらは役者が必要なのでスケジュール調整でまた苦労しそう。でも、ここまで来たら・・

6月○日 「Cafe Break」スタッフ試写

 音楽はまだ付いていないが、「Cafe Break」の画の方はほぼ繋がる。で、メインスタッフだった数名に集まってもらい、自宅にて「試写&岩渕映画界入り祝いのパーティ」をする。岩渕本人はいないけど、まあいい。感想は人それぞれだが、けっこう楽しめる出来になったようだ。ただし、身内じゃなくて、全く予備知識のない人が見て楽しんでもらえるか?が問題なのだが。
  「Cafe Break」はようやく音楽作りに入れるが、1話と3話の編集は遅れぎみ。ムチを入れたい所だが、アメも与えてないからな。

6月14日(土) 「岩渕、映画界入り!」のニュース

 箱根に「出稼ぎ」に行ったはずの岩渕から急転直下、「映画の仕事にありつきました」旨のメールが届く。紆余曲折があって、ようやく決まったのだが、役者・奥田英二の監督第2作「るにん」の助監督見習い(奴隷)として6月中旬から現場入りが決まったとの事。おお、やったね!がんばれ!
 さて、編集を引き継いだ「Cafe Break」だが、かなりの修正が必要で今月いっぱいは部屋にこもっての作業となりそうだ。天候や光の違いを馴染ませるために、1カットずつの色調整が必要な部分が多く、にぎやかな場所での撮影だったため、音のノイズ処理にも苦労している。けど、だんだん、いい感じになってきた。

5月25日(日) 「smile」オケ録り

 5/18から流れて、今日は「smile」のオケ録り。レコーディング・エンジニアは「鮭」さん。(本名知らず)ギター:ナカジママサヒロ、ドラム:奈良大樹、ベース:鹿糠明弘のトリオで、サクサク進む。私は黙って見てるだけ。
 丸山監督の「Girl Scout」ラッシュ編集も見るが、まだ全然、刈り込んでいないので、けっこう時間がかかりそう。音楽もこれから作らなきゃなんないな。

5月21日(水) 「Final Play」東京の某所?

 最終話の2シーン目を某所で撮影。盛岡市内ですが、設定上は「東京のどこか」です。何もない室内をいろいろ「飾り付け」して撮影。どんなシーンかは、ヒミツ。

5月18日(日) プリレコのはずが・・・

 某所にて「Final Play」撮影用の曲「smile」オケをレコーディングする予定だったが・・・
集合時刻を過ぎても、誰も現れない??? お茶とダンゴ用意して待ってんのに・・・
誰かさんが「二日酔いで爆睡」してて、連絡がつかなかったのが原因。おいおい。
というわけで激しく脱力しつつ、録音延期。

5月17日(土) ライブハウス「club Change」ロケハン

 「Final Play」ライブシーン撮影でお借りする予定の八幡町のライブハウスへ。今日のライブにはPitTのドラマー役、奈良さんのバンド「BOW DOWN」が出演。照明の感じを掴むためにいろいろテスト撮影をしてみる。暗さが不安材料だったが、ソニーのVX2000なら、けっこうキレイに映る。場内ライトにコーナーライト1〜2灯を用意すれば問題なさそうだ。ただし、安いカメラだと厳しい。最低2カメ必要なのだが、もう1台、VX2000、どこかで借りられないかな?

5月13日(火) 「Cafe Break」荒編集アップ

 岩渕監督の「Cafe Break」荒編集版がアップ。途中で1度、ハードディスクがクラッシュし、データがすべて消失!素材取込みからのやり直しとなったそうだが、がんばってくれました。約20分の長さとなったが、元シナリオからかなり端折った感じになった。2話の元々の狙いは「まったりした感じ」の話なので、長くなってもいいから「間」の調整が必要と思う。
 監督の岩渕は、今月半ばから箱根に「出稼ぎ」に行ってしまうので、編集直しと音編集は高村がリリーフする事とした。取りあえず生活資金をためてから「映画界の仕事」に潜り込む計画のようだ。
全部仕上げてから行けよ〜と文句の一つも言いたい所だが、まあ、許そう。

5月8日(木) 「PitT」練習日

 「Final Play」のライブシーンはアフレコの逆、プリレコが必要となる。演奏の「音」を事前に作っておかなければならないのだ。生音で撮影すると、カットを繋いだ時に音が繋がらなくなる。仮に10テイク撮るとして、そのすべてを同じタイミングで演奏するのは、不可能。で、音楽ビデオクリップと同じように事前に作った音に合わせて、演奏する芝居をしてもらうのだ。
 今日は、そのプリレコ前の練習日。2時間の練習でだいぶ息が合って来たみたい。

4月17日(木) 「Final Play」クランクイン!

 2/19と同じセッティングでの室内シーン撮影。ただし、10日後くらいという設定。誰の部屋かはストーリーのネタばれになるので、伏せておきます。毎度の悩みだが、役者の髪型、変わっちゃってるんだよね。ま〜こんだけインターバル空けて撮ってるから、しゃ〜ない。
 しかし、企画スタートから、もう1年過ぎちゃったんだな。ここんとこ白髪も増えた気がする。

4月16日(水) 「Final Play」衣装さがし

 3月は・・・丸山、岩渕、高橋各監督は素材キャプチャと編集作業中。もっと早く手をつけてれば・・と今になって考えるが、皆、忙しかったんだよなあ。監督陣が取込みに必要なDVカムを持ってなくて、それを順番に回してたんで、すごく作業効率が悪かったというものあるが。
 さてそれはさておき、最終話(4話構成となった) の1シーン目撮影が、ようやく明日スタート!今日はそのための役者の衣装捜し。衣装捜しの穴場「勤労福祉会館1F/福祉バンク」へ。ここは服とか小物が激安で買えるので重宝してます。ちなみに2話の幸子のブラウスはここで見つけた300円の古着。しかし、イメージに会うものが無く、「Hanjiro」へ移動。いろいろ迷ったあげくに帽子とTシャツを購入。他は手持ちの衣装で間に合わせる事に。

2月22日(土) 「Girl Scout」クランクアップ!

 今夜はstudio JIVEにて劇中のバンド『pitT』の練習シーン。あいかわらず外は冬、中は夏、という撮影。演奏シーンはそこそこで、「芝居」のパートに凝る。お天気の心配をしなくていい、というのがいいですね。で、半年にも渡った1話撮影もようやく終了!みなさまお疲れさまでした。
 と言っても、最終話「Final Play」の撮影がまだ残っているのですが。大掛かりなライブシーンなので、こちらはスケジュール調整が難しく、微速前進となりそうです。

2月19日(水) 「Girl Scout」撮影再開

 インターバルが長かったが、諸々のスケジュール調整がついて、ようやく撮影再開。後回しにしていた室内シーンだ。今夜は私の自宅マンションの一室を女の子の部屋に改装しての撮影。外は雪景色だが、設定はまだ「夏」。役者陣も当然、夏服。みんな髪型とかが微妙に変わっているのが、ご愛嬌。主役のジュンの茶髪が「就職活動」で黒髪に変わっていたが、「スプレー着色」(洗えば落ちるやつ) でスタイリング。撮影終了は25:00だった。お疲れさま!

2003年1月19日(日) ライバル?の「戸ノ岡物語」上映会

 昨年春、ほぼ同時に企画がスタートしたアラカワケンスケ・プロデュースのオムニバス映画「戸ノ岡物語」の上映会が大通リリオで開催される。上映では大分先を超されてしまった。
  「戸ノ岡」も当初は2002年11月に完成・上映の予定がここまで繰り延べになった。天候とか役者の都合とか、スタッフの空きとか編集用マシンのトラブルとか、諸々の理由で予定は度々、変更になる。「戸ノ岡」もギリギリ間に合ったという感じで、編集は、まだ詰めきれていない状態での上映となったのが残念。作品内容については、ロッカーのコンセプトが消化不良ぎみで、もったいないと思った。もっとエンタテイメント寄りにできるアイデアなのにね。
  「Little Morioka Story」は上映期日を決めずに、仕上がりが見えた段階での上映セッティングを考えているが、それゆえにまだまだ時間がかかりそう。観客の事を考えれば「きっちり完成させてからお披露目」が当然と思うので、いたしかたない所だ。 
 しかし、「戸ノ岡」と「Little Morioka Story」はスタッフがかなりカブっているので、「Little」の作業は休眠状態となってしまった。監督陣は、この後、試験とか卒業制作に入ってしまうため、進行がしばらくストップしそう。この〈待ち〉が、けっこうしんどい。まあ、やらなきゃならない事は、いろいろあるので、暇ではないが。編集用マシンのセットアップや、ソフトの研究、音声編集ワークフローの構築、音声加工ソフトの習得、ハードディスクの増設・テストなど、当面は地味な作業が続きそうだ。


〈topページを表示〉